技術?工法 Technology

<環境技術> PCB?ダイオキシン類等浄化工法
(テラサーモ工法)

汚染土壌に設置した電気ヒーターと吸引井戸により熱脱着?分解を行い、汚染物質を不検出レベルまで浄化します。

特徴

「テラサーモ工法」(原位置熱脱着?分解法)は、幅広い用途に高い浄化効果を発揮します。
「原位置浄化」とは、汚染土壌を掘り起こさずその場で汚染物質を分解?除去する方法で、掘削処理に比べ投棄場所に関する問題や汚染物質の暴露による人の健康、周辺環境に与える影響を低減することが可能な工法です。
土壌汚染の深度が浅い場合は水平加熱機を使い、深い場合は加熱井戸を使って土壌浄化を行います。
同様の手法をすでに掘削された土壌や、地表堆積物、埋設物に応用することもできます。

  1. 原位置での浄化施工が可能です。

  2. 土質の如何によらず、高い浄化性能を発揮します。

  3. 土壌中で95~99%以上が処理することができます。

  4. 土壌の変性(ガラス化など)は起こりません。

  5. 汚染物質の再合成や取り残しはありません。

  6. 有害ガスが大気に漏洩せず、人や環境にやさしい工法です。

  7. 稼動中の店鋪?工場でも浄化が可能です。

  8. 安全?確実で、総合的な費用リスク?法的リスクを低減できます。

主たる対象汚染物質?用途

  • ダイオキシンやPCB ●従来浄化が困難とされていたSVOC(準揮発性有機化合物)
  • 油類全般
  • 粘土質?不飽和帯中PAH
  • 造成などの汚染盛土の浄化
  • 造船所や河川の浚渫汚染土壌の浄化

ダイオキシン浄化施工例

ヒーターを納めた鋼製井戸(加熱井戸)6本に対して加熱兼発生ガス吸引井戸1本の割合で、ガス吸引井戸を取り囲むように汚染地盤中に埋設します。ダイオキシン類浄化の場合には、土壌を300℃まで加熱し、井戸付近の高温域(土壌中500℃~800℃)でダイオキシン類を分解します。

注入工法の図

注入工法の作業写真

注入工法の作業写真

施工写真

カリフォルニア州 バレボ PCBパイロット

マサセッチュ州 カペギラデウ PCBパイロット試験

カリフォルニア州 アルハンブラ

カリフォルニア州 フェンデール PCBs

特許等

米国テキサス大学の保有特許です。

技術?工法
技術?工法一覧
67194_韩国a片_亚洲中文在线精品国产