技術?工法 Technology

<環境技術> YS工法(軟弱地盤改良、浚渫土等の再生利用)

YS工法とは、高含水軟弱地盤の改良や建設発生土等の再資源化を目的としたDF剤による土質改良工法です。

特徴

環境

  1. DF剤の主原料であるフライアッシュ(石炭灰)はその多くが廃棄処分されています。本工法はフライアッシュをリサイクル活用することで循環型社会に貢献します。

  2. 環境に散布するDF剤から六価クロムの溶出はなく、改良土からも同様に溶出はありません(土壌環境基準以下)。

緑化

  1. セメント系改良材が石質化した固化体を形成するのに対し、本工法では団粒化した植生に適した土の形態を呈し、空隙?保水性の向上により植物の生育を促進します。

  2. DF剤で改良した土壌は早期に中性化がみられるため、他のセメント系改良材では困難であった改良土による直接緑化を可能としました。

土木

  1. 大型設備は不要、最小限のスペースで改良でき、産業廃棄物として処理されていた発生土を再生利用することでコスト縮減を可能にし、経済効果の向上に寄与します。

  2. 改良により所定のトラフィカビリティの確保が容易となり、添加量の調整により建設資材としての再利用の可能性を拡げます。(改良土は、路床、路盤、築堤、盛土、植生土など多くの用途に再利用できます。)

  •  

  • ?改良後のpHの経時変化

技術?工法
技術?工法一覧
67194_韩国a片_亚洲中文在线精品国产