会社情報 Profile

トピックス

SEP型多目的起重機船(1,600t吊)の建造について

【2019年11月20日】

寄神建設株式会社は、五洋建設株式会社、鹿島建設株式会社と共同で、10~12MWクラスの着床式洋上風力発電施設の基礎及び風車の建設用に、1,600t吊クレーンを搭載したSEP型起重機船(以下、SEP船※1)を建造することを決定しました。本SEP船の保有会社を2020年1月に設立し、3社が共同出資する形で運営する予定です。
 
 我が国における洋上風力発電プロジェクトは、港湾区域に引き続き、一般海域においても洋上風力発電の開発を促進する法律※2が整備され、全国各地で取り組みが本格化しています。新たに建造するSEP船は、洋上風車及びその基礎構造の大型化に対応して1,600t吊全旋回式クレーンを搭載し、10~12MWクラスの洋上風力発電施設を効率的に建設することができます。基本設計は世界のSEP船の7割以上を手掛けるGustoMSC社(オランダ)が、建造はマレーシア最大の国際的コングロマリットグループであるKuok Family傘下のPax Ocean Engineering社(シンガポール)が担当します。主クレーンはオフショアクレーンのトップメーカーであるHuisman社(オランダ)のクレーンを搭載します。
本SEP船の投資額は約185億円で完成?引き渡しは2022年9月、稼働開始は2023年3月を予定しています。

※1
SEP船:自己昇降式作業台船(Self-Elevating Platform)
※2
海洋再生可能エネルギー発電設備の整備に係る海域の利用の促進に関する法律
お問い合わせ先:
寄神建設株式会社 洋上風力発電プロジェクトチーム
 
  営業本部 営業1部 部長 本井(もとい)  ℡ 078-681-3129
 
  技術研究所     所長 好田(こうだ)  ℡ 03-3551-7301
67194_韩国a片_亚洲中文在线精品国产