寄神チャンネル Channel

寄神建設の60年

創業までの軌跡 ~1948(昭和23年)

島上町の事務所で寄神海事工業所を創業

1920(大正9)年2月9日、淡路島北東部の津名郡東浦町仮屋(現在の淡路市)で生まれた創業者?寄神美好は1934(昭和9)年、14歳で大工修業のため神戸へ渡りました。

美好は大工としての腕をメキメキと上げ、親方から将来を嘱望されるまで成長します。そんな折、跡継ぎのいない叔父?末吉から養子の申入れがあり、1938(昭和13)年、18歳で潜水夫としての道を選択します。

呉海軍軍事部の軍務で作業船の基本を修得

太平洋戦争が勃発した翌年の1942(昭和17)年1月、美好は広島の呉海軍軍事部に徴用されます。軍事部では港務部施設課に配属となり、戦艦大和のドッグを掘るなど軍港の整備?改修に携わります。必然的にさまざまな作業船に乗ることとなり、この時の体験が後の自社作業船づくりに大いに役立つこととなったのです。

経営者への道

広島の江田島で終戦を迎えた美好は直ちに神戸に戻り、潜水業を再開します。神戸港には爆撃を受けて沈没した船や、焼夷弾で焼かれた艀(はしけ)が累々と横たわっており、休む間もない多忙な毎日が待っていました。そんな矢先の1948(昭和23)年、養父?末吉が咽頭がんに侵され、11月には早くも他界してしまいます。そして、それが経営者としての道へ踏み出す第一歩となったのです。

次のページへ

西暦(時代?年号) 寄神建設の歩み
1920年
(大正9年)
2月
  • 創業者?寄神美好誕生
1938年
(昭和13年)
3月
  • 美好、潜水業を営む叔父?末吉の養子となる
1942年
(昭和17年)
1月
  • 美好、海軍に徴用される
1948年
(昭和23年)
9月
  • サルベージ業の組合および事務所を解散
  11月
  • 寄神末吉死去
  12月
  • 海上保安庁よりサルベージ業の営業許可を取得
  • 当時の兵庫港
67194_韩国a片_亚洲中文在线精品国产